【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.18 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,無人航空機(以下「UAV」という。)で撮影した空中写真を用いた公共測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.使用するUAVは,安全確保の観点から,飛行前後における適切な整備や点検を行うとともに,必要な部品の交換などの整備を行う(〇:飛行するので、整備は怠らない)。

2.航空法(昭和27年法律第231号)では,人口集中地区や空港周辺,高度150 m以上の空域でUAVを飛行させる場合(〇:飛行機が通行する高さ)には,国土交通大臣による許可(〇)が必要となる。

3.UAVによる公共測量は,地表が完全に植生に覆われ,地面が写真に全く写らないような地区で実施することは適切でない(〇)

4.UAVにより撮影された空中写真を用いて作成する三次元点群データの位置精度を評価するため,標定点のほかに検証点を設置する(〇:標定点:3次元データの精度低下を回避するため。検証点:計測データの点検のため)。

5.UAVにより撮影された空中写真を用いて三次元点群データを作成する場合は,デジタルステレオ図化機を使用しないので,隣接空中写真との重複は無くてもよい(×⇒同一コース内の隣接写真の重複度80(90)%以上、隣接コースの空中写真の重複度60%以上。)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

無人国土地理院HP-航空機(UAV)を用いた公共測量~UAV写真測量~

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*