【測量士補 過去問解答】令和2年(2020) No.7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図に示すとおり,新点Aの標高を求めるため,既知点Bから新点Aに対して高低角α及び斜距離Dの観測を行い,表 の結果を得た。新点Aの標高は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし,既知点Bの器械高iBは1.40 m,新点Aの目標高fAは1.60 m,既知点Bの標高は350.00 m,両差は0.10 mとする。また,斜距離Dは気象補正,器械定数補正及び反射鏡定数補正が行われているものとする。

解答

① 高低角と斜距離より、AとBの高低差を求める。

$$ \Delta{h}=950\times{\sin{3^{\circ}}}=49.723$$

② 目標高と器械高を考慮して、新点Aの標高を求める。

Bの標高が350.00mなので、高低差、目標高、器械高より

$$H’_{A}=(350+1.40)-49.723-1.60=300.08$$

③ 両差の補正をする。

既知点より、新点の標高を決定しているので、両差は+へ補正する。
よって、

$$H_{A}=300.08+0.10=300.18$$

Aの標高は、300.18m(答)

参考ページ

【測量士・測量士補】高低差の求め方
【測量士・測量士補】両差(球差、気差)の補正方向

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*