【測量士補 過去問解答】令和2年(2020) No.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図は,水準点Aから固定点(1),(2)及び(3)を経由する水準点Bまでの路線を示したものである。この路線で 1 級水準測量を行い,表に示す観測結果を得た。再測すべき観測区間はどれか。ただし,往復観測値の較差の許容範囲は,S を観測距離(片道,km単位)としたとき,2.5 mm√S とする。

解答

観測区間 観測距離 往路高低差 復路高低差 較差 許容範囲 観測合否
A→(1) 380 m + 0.1908 m – 0.1901 m 0.0007 m 0.0015 m OK
(1)→(2) 320m – 3.2506 m + 3.2512 m 0.0006 m 0.0014 m OK
(2)→(3) 350m + 1.2268 m – 1.2254 m 0.0014 m 0.0015 m OK
(3)→B 400m + 2.3174 m – 2.3169 m 0.0005 m 0.0016m OK
A→B 1450m +0.4844m –0.4812m 0.0032m 0.0030m OUT

各区間で、往復の較差はOKである。全区間の点検において、較差が許容範囲を超えている。よって、較差が最も大きい(2)→(3)の再測が必要である(答)

解答のポイント

各々の区間で、すべて往路で+の誤差が生じている。すなわち、往路のほうが復路よりも高低差を高く測定している傾向がある。

このような場合、各区間の許容範囲は満たしたとしても、往路側で同方向の誤差が蓄積されていくため、全区間で点検した場合、許容範囲を満たさない場合が出てくる。その場合、最も誤差が大きかった区間を再測する。

詳細は、以下のページを参照してください。

【測量士・測量士補】水準測量の制限値(較差)をグラフで捉えてみた。

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*