【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.24 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,GISで扱うデータ形式やGISの機能について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.ラスタデータ(〇)は,地図や画像などを微小な格子状の画素(ピクセル)に分割し,画素ごとに輝度や濃淡などの情報を与えて表現するデータである。

2.ベクタデータ(〇)は,図形や線分を,座標値を持った点又は点列で表現したデータであり,線分の長さや面積を求める幾何学的処理が容易にできる。

3.ベクタデータで構成されている地物に対して,その地物から一定の距離内にある範囲を抽出し,その面積を求めることができる(〇:cadソフトなどで計測する)。

4.ネットワーク構造化されていない(×⇒されている)道路中心線データに,車両等の最大移動速度の属性を与えることで,ある地点から指定時間内で到達できる範囲がわかる(なお、ベクターデータで行う)

5.GISを用いると,ベクタデータに付属する属性情報をそのデータの近くに表示することができる(〇)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

【土木CADオペレータ】CADデータの性質:ベクタデータとラスターデータ

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*