【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.10 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における水準測量を実施するときに遵守すべき事項について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.1日の観測は,水準点で終わることを原則とする(〇)。なお,やむを得ず固定点で終わる場合は,観測の再開時に固定点の異常の有無を点検できるような方法で行う(〇)ものとする。

2.1級水準測量では,観測は 1 視準 1 読定とし,後視→前視→前視→後視の順(〇:気象状況の誤差を軽減するため。前視、後視の観測時間をできるだけ短くする)に標尺を読定する。

3.1級水準測量及び 2 級水準測量の再測は,同方向の観測値を採用しないものとする(〇:系統誤差を避けるため)。

4.往復観測を行う水準測量において,水準点間の測点数が多い場合は,適宜,固定点を設け,往路及び復路の観測に共通して使用する(〇:往復の観測点を同じにし、条件による誤差を生じさせないようにする。)。

5.2級水準測量では,1 級標尺又は 2 級標尺(×:使用不可)を使用する。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*