【測量士補 過去問解答】 平成29年度(2017) No.28 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における河川測量について述べたものである。明らかに間違っているもの はどれか。次の中から選べ。

1. 河川測量とは,河川や海岸(〇)などの調査や維持管理のために行う測量である。

2. 定期横断測量に使用する距離標を 20 km間隔(×⇒200m間隔)で水位標の近辺に設置した。

3. 定期縦断測量の基準とする水準基標の高さを一等水準点から 2 級水準測量(〇:設置間隔は5㎞以上、20㎞を標準とする)で求めた。

4. 深浅測量において,船位を GNSS 測量機(〇:もしくはTS)を用いて測定した。

5. 深浅測量において,水深をロッド(測深棒)(〇:その他、水位標の観測等で行う)を用いて直接測定した。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*