【測量士補 過去問解答】 平成29年(2017) No.19 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における航空レーザ測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.航空レーザ測量は,航空機からレーザパルスを下向きに照射し,地表面や地物に反射して戻ってきたレーザパルスを解析(〇)し,地形を計測する測量方法である。

2. 航空レーザ測量システムは,レーザ測距装置(〇:照射方向と地上までの距離を測る)GNSS/IMU装置(〇:航空機の位置、姿勢を把握する装置),解析ソフトウェアなどにより構成されている。

3. 航空レーザ測量では,空中写真撮影と同様に,データ取得時に雲の影響を受ける(〇:レーザーが、光であるため雲や雨に吸収される)。

4. 航空レーザ測量では,GNSS/IMU装置を用いるため,計測の点検及び調整を行うための基準点を必要としない(×⇒三次元計測データの座標値との標高誤差の点検等に必要である)。

5. グラウンドデータとは,取得したレーザ測距データから,地表面以外のデータを取り除くフィルタリング処理を行い作成した(〇:生データには、建物や樹木などの高さが含まれる(DSMと呼ばれる)。地表面データ(DEM)にするには、これらを取り除く必要がある),地表面の三次元座標データである。

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*