【測量士補 過去問解答】 平成29年(2017) No.9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GNSS 測量機を用いた基準点測量を行い,基線解析により基準点 Aから基準点B,基準点 Aから 基準点Cまでの基線ベクトルを得た。表は,地心直交座標系(平成14年国土交通省告示第185号) における X 軸, Y 軸, Z 軸方向について,それぞれの基線ベクトル成分( Δ X , Δ Y , Δ Z )を示したものである。基準点Bから基準点Cまでの斜距離は幾らか。

    基線ベクトル成分  
区間 ⊿X ⊿Y ⊿Z
A⇒B +400.000 -200.000 +100.000
A⇒C +100.000 +200.000 -500.000

解答

数値が大きいので、1/100にして考える。

A(0,0,0)とすると、B(+4,-2,+1)、C(+1,+2,-5)となる。斜距離は各座標の差の2乗を√したものであるから、(三平方の定理を思い浮かべましょう)

BC=√3×3 + 4 ×4 + 6 × 6 = √61

関数表より、√61=7.81025となる。1/100で考えたため、100倍して781.025m(答)

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*