【測量士 過去問解答】 令和元年(2019) No.9 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における GNSS 測量機を用いた基準点測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。

1. 対流圏における電波の伝搬遅延に起因する誤差は,2周波の観測により軽減することができる(×⇒電離層による誤差を軽減できる。なお、対流圏による誤差は、標準大気モデルを使用して軽減する)。

2. アンテナ位相特性が異なるアンテナ同士での GNSS 測量では,PCV(Phase Center Variation) 補正を適用することにより異機種間観測での精度を確保することができる(〇:PCVは電波入射角による、アンテナ受信位置の変化のこと。位相のずれを補正することで異機種間の誤差を消去できる)。

3. GPS,準天頂衛星システム,GLONASS の衛星を組み合わせて測量を行うことができる(〇:第21条 4項 準天頂衛星は、GPS衛星と同等の衛星として扱うことができる。ただし、単独での利活用はできない)。

4. GNSS 衛星の軌道情報は放送暦(〇:過去の起動情報から、未来の軌道を予報したもの)を使用する。

5. ネットワーク型 RTK 法は,配信事業者で算出された補正データ又は面補正パラメータを,携帯電話などの通信回線を介して移動局で受信し,移動局側において即時に解析処理を行い位置を求める観測方法である(〇:①VRS方式と②FKP方式がある。①は仮想基準点を設け、基線解析を行う。②は面パラメータを測定し、観測点で誤差量を補正する。)。

参考ページ

公共測量における新技術の導入 -作業規程の準則の一部改正- 国土地理院HP

R元年 測量士 過去問解答

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*