【測量士 過去問解答】 令和元年(2019) No.11 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は,公共測量における GNSS 測量機を用いた標高の測量(以下「GNSS 水準測量」という。)について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.GNSS 水準測量では,スタティック法(〇:GPS・準天球衛星5衛星以上、GLONASS含む6衛星以上)により観測を行う。

2.GNSS 水準測量では,既知点として,水準測量により標高が取り付けられた電子基準点(〇:その他、1~2級水準点、一~二等水準点を使用できる)を使用することができる。

3.GNSS 水準測量では,セミ・ダイナミック補正を行う×⇒行わない。元期から地震等の地殻変動を考慮した地域で、セミダイナミック補正を行うと二重で地殻変動が補正され、不整合が生じるため)。

4.GNSS 水準測量では,高精度なジオイド・モデルを用いることにより,近傍に水準点がない場合でも3級水準点(〇)を設置することができる。

5.GNSS 水準測量では,電波の大気遅延が高さ方向の精度に影響する(〇:遅延により主に、高さ方向の誤差が生じる)ことから,観測時の気象条件に十分注意する。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

GNSS測量による標高の測量-国土地理院HP

R元年 測量士 過去問解答

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*