【測量士 過去問解答】 令和元年(2019) No.28 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は,公共測量における河川測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。

1. 定期縦断測量では,左岸又は右岸いずれかの(×→両方の)距離標の標高並びに堤防の変化点の地盤及び主要な構造物について,距離標からの距離及び標高を測定する。

2. 水準基標測量は,水準基標の標高を定める作業であり,2 級水準測量(〇:よって、水準基標は3級水準点相当。定期縦断測量は、この水準基表を用い、3級(平地)、もしくは4級(山地)水準測量で行う)により行う。

3. 深浅測量の水深の測定は,音響測深機(〇)を用いて行う。ただし,水深が浅い場合は,ロッド又はレッド(〇)を用いて行う。

4. 定期横断測量は,左右距離標の視通線上の地形の変化点などについて,距離標からの距離及び標高を定期的に測定(〇)し,横断面図データファイルを作成するものである。

5. 距離標設置測量では,距離標を設置するために,近傍の3級基準点からネットワーク型 RTK 法を用いることができる(〇:よって、距離標は4級基準点相当となる。TSを用いた場合も同様に3級基準点より設置する)。

赤字:正の内容、青字:誤の内容

R元年 測量士 過去問解答

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*