【測量士 過去問解答】 令和元年(2019) No.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既知点A及び新点Bにおいて GNSS 測量機を用いた測量を行い,既知点Aから新点Bまでの楕円体面上の距離 8,000.00 m,新点Bの楕円体高 65.40 m の値を得た。このとき,新点Bの標高は幾らか。ただし,既知点Aの標高は 45.00 m,楕円体高は 83.00 m であり,ジオイドは,楕円体面に対し既知点Aから新点Bの方向へ,楕円体面上の距離 1,000.00 m 当たり-0.02 m で一様に傾斜しているものとする。

文章を図で表すと、上図のようになる。以下の手順でBの標高を求める

① 点Aのジオイド高を求める

  83.00-45.00=38.00mとなる。

② 点Bのジオイド高を求める

既知点Aから新点Bへ向かって、1000mにつき-0.02m傾斜しているので、 8000m離れているAB間では、-0.16m下がっている。よって、点Bのジオイド高は

  38.00-0.16=37.84m

③ 点Bの標高を求める

  65.40-37.84=27.56m(答)

参考ページ

【測量士・測量士補】高さの基準、標高と楕円体高の関係とは?

R元年 測量士 過去問解答

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*