【測量士 過去問解答】 令和元年(2019)No.20 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次のa~eの文は,リモートセンシングについて述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

 a.光学センサで使用する電磁波の波長はマイクロ波センサで使用するものより長いため,雲の影響を受けない(×:雲の影響を受ける。一方、マイクロ波を利用する合成開合レーダ(SAR)は、雲の影響を受けない。)

b.合成開口レーダー(SAR)は,対象物に電磁波を照射し,その反射波を受信して地表面の状態を把握する能動型センサである(〇)。

c.合成開口レーダー(SAR)に使用される周波数帯には,L バンド,X バンドなどがあり,X バンドの方が L バンドより波長は長く樹木などを透過しやすい(×:短波長はXバンドやCバンド、Lバンドが長波長で樹木などを投影する)。

d.近赤外線は,可視光線に比べて植生からの反射率が高い(〇:ゆえに、植生の抽出に用いられる)。

e.熱赤外線センサは,対象物からの熱放射を観測するため,夜間も観測することができる(〇:地表面温度を観測する。光によらないため、夜間でも観測可能)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R元年 測量士 過去問解答

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*