【測量士 過去問解答】 令和元年(2019) No.22 正誤付き選択肢 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次のa~eの文は,地図投影法について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a.地図投影法とは,立体である地球の表面を平面の地図に表すための方法のことを指すが,必ず何らかのひずみが生じるため,表現したい地図の目的に応じて投影法を選択する必要がある(〇:角度・距離・面積いずれかにひずみが生じる。なお、角度と面積は同時に満たすことはできない)。

b.正距図法で作成した地図は,世界全体や大陸規模のような広い範囲における植生,人口などの分布図・密度図を示す(×:植生、人口などの分布、密度を表すには、正確な面積が必要。よって、正積図法が用いられる)場合に用いられている。

c.正角図法は,地球上と地図上との対応する点において,任意の 2 方向のきょう角が等しくなり(〇),ごく狭い範囲での形状が相似となる図法である。

d.国土地理院がインターネットで公開している地図情報サービス「地理院地図」は,極域の一部地域を除外した範囲をメルカトル投影の数式を使って作成した地図画像(〇:参照サイト:国土地理院HP-地理院地図(地理院タイル)の地図投影法を使用している。

e.正距方位図法で作成した地図は,地図上で選んだどの点においても距離と方位(×:特定の1点と任意の点との距離と方位)が正しく表現されている。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R元年 測量士 過去問解答

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*