【測量士 過去問解答】 令和元年(2019) No.7 正誤付き解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量において実施するトータルステーションを用いた基準点測量の精度管理について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。

1. 観測に使用する主要な機器は,作業前及び作業中に(〇)に適宜点検を行い必要な調整をする。


2. 観測点における角観測の良否を判定するため,倍角差,観測差,高度定数の較差を点検する(〇)。

3. 偏心点を設ける場合,偏心距離は測点間距離の 6 分の 1 以下(〇;基準に記載通り)とする。


4. 既知点間の水平位置及び標高の閉合差(〇)を計算し観測の良否を判定する。

5. 厳密水平網平均計算及び厳密高低網平均計算による新点位置及び新点標高の標準偏差の許容範囲は 100 mm (×:新点標高の標準偏差は200mm)を標準とする。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R元年 測量士 過去問解答

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*