【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量におけるセミ・ダイナミック補正について述べたものである。ア ~ エ に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

 セミ・ダイナミック補正とは,プレート運動に伴う ア 定常的な 地殻変動による基準点間のひずみの影響を補正するため,国土地理院が電子基準点などの観測データから算出し提供しているイ 地殻変動補正パラメータ を用いて,基準点測量で得られた測量結果を補正し, ウ 測地成果2011 (国家座標)の基準日(元期)における測量成果を求めるものである。 イ 地殻変動補正パラメータ の提供範囲は,全国(一部離島を除く)である。
 三角点や公共基準点を既知点とする測量を行う場合であれば,既知点間の距離が短く相対的な位置関係の変化も小さいため,地殻変動によるひずみの影響はそれほど問題にならない。しかし,電子基準点のみを既知点として測量を行う場合は,既知点間の距離が長いため地殻変動によるひずみの影響を考慮しないと,近傍の基準点との間に不整合を生じる。例えば,地殻変動による平均のひずみ速度を約0.2 ppm/yearと仮定した場合,電子基準点の平均的な間隔が約25 kmであるため,電子基準点間には10年間で約 エ 50 mmの相対的な位置関係の変化が生じる。
 このような状況で網平均計算を行っても,精度の良い結果は得られないが,セミ・ダイナミック補正を行うことにより,測量を実施した今期の観測結果から, ウ 測地成果2011(国家座標)の基準日(元期)において得られたであろう測量成果を高精度に求めることができる。

エ の解答・解説

問題となるのはエの空欄。ひずみ量は、以下の式で計算できる。

ひずみ量(mm)=ひずみ速度(ppm/yr)×経過年数(yr)×点間距離(km)

そのため、問題文よりひずみ量は、
0.2 × 10 × 25= 50(mm)となる。

※ ひずみのイメージ

今、元期から今期より、下のようなひずみが生じたとします。

上記空間に電子基準点が2点、ひずみが生じた前と後の点間距離を比較してみます。

① 点間距離が短い場合

点間距離が短い場合、ひずみによりそれぞれの基準点はほぼ平行移動します。ひずみによる影響は、非常に小さいので、元期と今期の点間はほぼ同じとみなすことができます(下図、左側)。

② 点間距離が長い場合

点間距離が長い場合、ひずみによりそれぞれの基準点がひずみの影響を受け、移動します。ひずみによる影響は、非常に大きいので、元期と今期の点間が異なります。(下図、右側)。

ひずみは上記のように、点間距離に応じて大きくなります。ひずみ速度という単位は(ppm/yr)ですが、実際は、(ppm/yr/km)というように点間距離1kmあたりのひずみ量と覚えておくのがいいと思います。

参考ページ

国土地理院HP-セミ・ダイナミック補正-1.導入の背景
国土地理院HP-ひずみ図とは?

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*