【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.23 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,一般的な地図編集の原則について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.地図編集においては,編集の基となる地図の縮尺は,新たに作成する地図の縮尺より小さいものを採用する(×⇒大きいものを採用する。詳細な情報より取捨選択などを行い、新たな地図を作成する)。

2.取捨選択に当たっては,表示対象物は縮尺に応じて適切に取捨選択し,かつ正確に表示する。また,重要度の高い対象物を省略することのないようにする(〇)。

3.総描に当たっては,現地の形状と相似性を保ち(〇),形状の特徴を失わないようにする。必要に応じて形状を多少修飾して現状を理解しやすく総描する(〇:形状が煩雑な時に行われる)。

4.公共測量において,地図情報レベル2500の数値地形図に表示する地物の水平位置の転位は,原則として行わない(〇:なお、地図情報レベル2500以上に表示する地物の水平位置は、やむを得ない場合には地図情報レベルに対応する相
当縮尺の出力図に限り、図上0.7mm まで転位させることができる。)。

5.注記とは,文字又は数値による表示(〇)をいい,地域,人工物,自然物等の固有の名称,特定の記号のないものの名称及び種類,標高,等高線数値などに用いる。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*