【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.6 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の a ~ d の文は,測量における誤差について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a .測量機器の正確さには限度があり,観測時の環境条件の影響を受けるため,十分注意して距離や角度などを観測しても,得られた観測値は真値にわずかな誤差が加わった値となる(〇)。

b .系統誤差とは,測量機器の特性,大気の状態の影響など一定の原因から発生する誤差(〇:なお、目盛りを読む癖などの個人誤差も含まれる)である。この誤差は,観測方法を工夫することによりすべて(×→小さくはできるが、完全に消去することはできない)消去できる。

c .偶然誤差とは,発生要因に特段の因果関係がないため,観測方法を工夫しても消去できないような誤差(〇:機械的な雑音など、ランダムな要素で誤差が乗じる)である。この誤差は,観測値の平均をとれば小さくできる(〇)

d .最確値は最も確からしいと考えられる値であり,一般的に最小二乗法(〇:誤差補正(残差)を最小にする方法)求めた値である。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*