【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.28 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における河川測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.距離標設置測量とは,河心線の接線に対して直角方向の両岸の堤防法肩又は法面などに距離標を設置する(〇)作業である(なお、距離標間隔は200m、3級基準点等より放射法で設置する)。

2.定期横断測量において,陸部の地盤高の測定をネットワーク型RTK法によって行う場合は,観測回数は 1 セット行うもの(〇)とする(路線測量の横断測量と同様。使用衛星数5以上(GLONASS併用6衛星以上、かつGPS・準天頂衛星およびGLONASSをそれぞれ2衛星以上))。

3.定期縦断測量は,原則として,観測の基準とする点は水準基標とし,観測の路線は,水準基標から出発し,他の水準基標に結合するものとする(なお、水準基標測量は2級水準測量により行う)。

4.定期縦断測量は,平地においては 3 級水準測量(〇)山地においては原則として4級水準測量(〇)により行うものとする(水準基標が2級で取り付けられているため、おのずと下位の級の測量となる)

5.海浜測量とは,海岸線に沿って陸部に基準線を設けて,適切な間隔に測点を設置し,測点ごとに基準線に対し直角の方向に横断測量(〇)を実施し,前浜と後浜を含む範囲の横断面図データファイル(×⇒等高・等深線図データファイル)を作成する作業である。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B-15-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*