【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.11 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の a ~ e の文は,公共測量におけるGNSS測量機を用いた標高の測量(以下「GNSS水準測量」という。)について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。


a .GNSS水準測量では,1 級及び 2 級GNSS測量機が使用できる。ただし,2 級GNSS測量機が使用できるのは,10 km未満の基線の場合のみ(〇)である。

b .GNSS水準測量で使用できる既知点の種類は,一~二等水準点,水準測量により標高が取り付けられた電子基準点及び 1~2 級水準点(〇:2級まで既知点と使えるので、設置する水準点は3級となる)である。

c .GNSS水準測量では,国土地理院が提供するジオイド・モデルを用いることにより,周辺6~40 kmの範囲に 2 級水準点(×⇒3級水準点)が設置できる。

d .GNSS水準測量では,元期からの地殻変動量が二重に補正されるおそれがあるため,セミ・ダイナミック補正は行わない(〇:既知点は水準測量によって、測定された(つまり、地殻変動も考慮する)高さを使用するため、セミ・ダイナミックを行うと2重で補正する恐れがあるため)。

e .GNSS衛星が送信している信号の大気遅延が高さ方向の精度に影響することから,寒冷前線・温暖前線が接近又は通過しているときなどは,原則としてGNSS観測を行わない(〇:水蒸気の時間的不均一、変化の激しい場合誤差が生じ適切な観測が難しい)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B-15-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*