【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.9 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量におけるGNSS測量機を用いた基準点測量の観測方法について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.スタティック法では,複数の観測点にGNSS測量機を整置(〇:同時に原則4機以上)して,GNSS衛星からの信号を同時に受信し,GNSS衛星の位置の時間的変化を利用して整数値バイアスを決定すること(〇:多重解を衛星の時間変化を用いて決定。)で,観測点間の基線ベクトルを求める。

2.短縮スタティック法では,複数の観測点にGNSS測量機を整置して(〇:同時に原則5機以上),GNSS衛星からの信号を同時に受信し,基線解析において衛星の組合せを多数作るなどの処理を行う(〇:多数の衛星情報を組み合わせることで、整数値バイアスを確定する時間を短縮する)ことで,観測時間を短縮している。

3.キネマティック法では,GNSS衛星からの信号を固定局と移動局で同時に受信し,整数値バイアスの決定に必要な観測を行ってから(〇:キネマティックは観測点を測定する前に整数値バイアスの決定をする),移動局を複数の観測点に次々と移動して観測を行い,それに基づき固定局と移動局の間の基線ベクトルを求める。

4.RTK法では,GNSS衛星からの信号を固定局と移動局で同時に受信し,移動局で取得した信号を,無線装置などを用いて固定局に転送し(×⇒固定局の観測データを移動局に送信)固定局側において(×⇒移動局側で)即時に基線解析を行うことで,固定局と移動局の間の基線ベクトルを求める。

5.ネットワーク型RTK法では,配信事業者で算出された補正データ又は面補正パラメータを,携帯電話などの通信回線を介して移動局で受信し(〇:上記のRTK法の固定点側の役割を電子基準点と配信業者で担う方法),移動局で受信したGNSS衛星からの信号と組み合わせて,移動局において即時に解析処理を行うことで,位置を求める。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*