【測量士補 過去問解答】令和元年(2019) No.2 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公共測量における測量作業機関の対応について、正しいものを選べ。

a. 気象庁から高温注意情報が発表されていたので,現地作業ではこまめな水分補給を心がけながら作業を続けた。(〇 ⇒ 作業員の安全の確保について適切な処置を講じる)

b. 現地作業の前に,その作業に伴う危険に関する情報を担当者で話し合って共有する危険予知活動 (KY活動)を行い,安全に対する意識を高めた。(〇 ⇒ 作業員の安全の確保について適切な処置を講じる)

c. 測量計画機関から貸与された測量成果を,他の測量計画機関から受注した作業においても有効活用するため,社内で適切に保存した。(×⇒流出、横領の恐れを防ぐため、業務終了後速やかに削除する)

d. 基準点測量を実施の際,観測の支障となる樹木があったが,現地作業を早く終えるため,所有者の承諾を得ず(×⇒あらかじめ所有者、ならびに測量計画機関の承認が必要)に伐採した。現地作業終了後,速やかに所有者に連絡した。

e. E市が発注する基準点測量において,E市の公園内に新点を設置することになった。利用者が安全に公園を利用できるように,新点を地下に設置した(〇⇒付録5に地下埋設の方法が記載されている)。

赤字:正の内容青字:誤の内容

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*