【測量士補 過去問解答】令和元年(2019)NO.4 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地球の形状及び位置の基準について、誤っているものを選べ。

1. 測量法(昭和24年法律第188号)において,地球上の位置は,地球の形状と大きさに近似したジオイド(×⇒回転楕円体)の表面上における地理学的経緯度及び平均海面からの高さ(〇⇒場合により、直角座標系、極座標系と平均海面からの高さ、地心直交座標系)で表示することができると定められている。

2. ジオイドは,重力の方向と直交(〇)しており,地球の形状と大きさに近似した回転楕円体に対して凹凸がある。

3. 標高は,ある地点において,平均海面を陸側に延長したと仮定した面(〇⇒ジオイド)から地表面までの高さである。

4. 標高は,楕円体高及びジオイド高(〇 ⇒標高=楕円体高ージオイド高)から計算できる。

5. 地心直交座標系の座標値から,当該座標の地点における緯度,経度及び楕円体高が計算できる(〇⇒(X,Y,Z)から(φ,λ,h)へ変換可能。計算式は地理院計算式集3.1.2を参照)。

赤字:正の内容字:誤の内容

参考ページ

【測量士・測量士補】高さの基準、標高と楕円体高の関係とは?

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*