【測量士補 過去問解答】 令和元年(2019)No.24 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,地理空間情報を用いたGIS(地理情報システム)での利用について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。

1. 50mメッシュ間隔の人口メッシュデータ(〇:メッシュデータで人口を推定することができる)と避難所の点データを用いて,避難所から半径1kmに含まれるおおよその人口を計算した。

2. ネットワーク化された道路中心線データ(〇)を利用し,消防署から火災現場までの最短ルートを表示した。

3. 航空レーザ測量で得た数値地形モデル(DTM)(×⇒数値表層モデル(DSM):建物、樹木などの高さが含まれるモデルが必要となる)と基盤地図情報の建築物の外周線データを用いて,建物の高さ15m以上の津波避難ビルの選定を行った。

4.公共施設の点データに含まれる種別属性と建物の面データ(〇:種別属性により、面データを識別できる)を用いて,公共施設である建物面デー タを種別ごとに色分け表示した。

5.浸水が想定される区域の面データと地図情報レベル2500の建物の面データを用いて,浸水被害が予想される概略の家屋数を集計した(〇:二つの面データを重ね合わせ、浸水区域に入る、建物の面データを集計する)

正の内容:赤字誤の内容:青字

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*