【測量士補 過去問解答】 令和元年(2019)No.23 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次のa~eの文は,公共測量における地図編集について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。

a. 等高線による表現が困難又は不適当な地形は,変形地の記号を用いて表示する(〇 ※1)。

b.転位及び取捨選択による描画は,小さい縮尺(〇 ※2)の地図作成において有効な方法である。

c.縮尺の異なる地図においても,地物の取得項目及び表示方法は,共通である(×⇒大縮尺から小縮尺にする際、取捨選択や転位が必要)。   

d.新しい地図の作成のために,複数の既成の地図を使用する場合,縮尺が異なる地図を使用しても良い。ただし,作成する地図より小さい縮尺(×⇒大きい縮尺 ※2)の地図を使用する。  

e.注記は,対象物の種類,図上の面積及び形状により,小対象物,線状対象物などに区分して表示する(〇)。

正の内容:赤字誤の内容;青字

※1. 変形地の記号(例)

※2. 小縮尺と大縮尺
 より縮小されている地図(すなわち、1/50000や1/25000)が小縮尺。
 あまり縮小されていない地図(すなわち、1/200や1/500)が大縮尺。
⇒分数の値の大きさで覚える。

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*