【測量士補 過去問解答】令和元年(2019) No.7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平たんな土地に点A,B,Cを一直線上に設けて,各点におけるトータルステー ションの器械高と反射鏡高を同一にして距離測定を行った結果,器械定数と反射鏡定数の補正前の測定距離が以下のように与えられる。器械定数と反射鏡定数を補正したAC間の距離は幾らか。

解答

問題文の図示

器械定数と反射鏡定数は、距離によらず一定の誤差をもたらすため、補正前の観測値は、

D’ = D + ⊿s (D’:観測値、D:補正距離、⊿s:誤差)

と表される。問題文の条件より、各区間の観測値は、上図を参考に

AB間:600.005 = D1 + ⊿s ・・・①
BC間:399.555 = D2 + ⊿s ・・・②
AC間:999.590 = D3 + ⊿s ・・・③

ここで、D1+D2=D3より、①+②をして

999.560=D1 + D2 + 2⊿s
=(D3 + ⊿s)+⊿s
=999.590 + ⊿s  (∵③)
  ⊿s=-0.30

よって、③より、D3=999.620

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きよ より:

    Δsは+0.030となり、D3の補正距離は999.590+0.030=999.620ではありませんか。

    1. ぎっちゃん より:

      Δs=-0.030は間違っていませんでしたが、最後の足し算を間違えてました。
      ご指摘ありがとうございます。

コメントを残す

*