【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.24 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次のa〜eの文は、GIS で扱うデータ形式や GIS の機能について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a.GIS でよく利用されるデータにはベクタデータとラスタデータがあり、ベクタデータのファイル形式としては、GML(〇:(Geography Markup Language)ベクタデータ)KML(〇:(Keyhole Markup Language)ベクタデータ)TIFF(×:(Tagged Image File Format)ラスタデータ)などがある。

b.居住地区の明治期の地図に位置情報を付与できれば、GIS を用いてその位置精度に応じた縮尺の現在の地図と重ね合わせて表示できる(〇:座標情報が互いに整合が取れればよい)。

c.国土地理院の基盤地図情報ダウンロードページから入手した水涯線データに対して、GIS を用いて標高別に色分けすることにより、浸水が想定される範囲の確認が可能な地図を作成できる(×: 水涯線データ(水際線)を、標高で色分けしてもダメ。陸部データの標高分けが必要)。

d.数値標高モデル(DEM)((Digital Elevation Model)〇:地面の標高モデル)から、斜度が一定の角度以上となる範囲を抽出し、その範囲を任意の色で着色することにより、雪崩危険箇所を表示することができる。

e.地震発生前と地震発生後の数値表層モデル(DSM)( (Digital Surface Model)〇:建物、植生なども含まれる)を比較することによって、倒壊建物がどの程度発生したのかを推定し、被災状況を概観する地図を作成することが可能である。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

【土木CADオペレータ】CADデータの性質:ベクタデータとラスターデータ

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*