【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.20 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は、無人航空機(以下「UAV」という。)を用いた測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.UAV の使用にあたっては、UAV の運航に関わる法律、条例、規制などを遵守し(〇:航空法、小型無人機飛行禁止法など、条例を定めている都道府県もある)、UAV を安全に運航することが求められる。

2.UAV による撮影は事前に計画をたて、現場での状況に応じて見直しが生じることを考慮しておく(〇)

3.空港周辺以外であれば、自由に(×⇒150m以上の空域、人口集中地区、その他指定する施設の周辺等で飛行が禁止されている) UAV を用いた測量を行うことができる。

4.成果品の種類や、その必要精度などに応じて、適切に作業を実施することが求められる(〇:飛行高度、飛行速度などを成果品の精度に応じて、計画を立てる必要がある)。

5.一般に、UAV は有人航空機と比べ低空で飛行ができることから、局所の詳細なデータ取得に適している(〇:UAVは小型で低空飛行が可能である)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*