【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の図に示すように、始点 BC、終点 EC、曲率半径 R = 1,000 m、交角 I = 36 ° の円曲線(BC 〜 EC)、直線(BP 〜 BC)及び直線(EC 〜 EP)を組み合わせた道路を建設したい。BP から BC までの距離は 215 m、EC から EP までの距離は 500 m としたとき、BP から EPまでの距離は幾らか。

解答

① BC~ECの長さを求める。

 下図より、カーブ長を求める。⇒3.14 × 2 × 1000 × 36/360 = 628(m)

 ② BP~EPまでの長さを求める。

 215 + 628 + 500 =1343(m)(答)

参考ページ

【測量士・測量士補】単曲線の性質②-各要素の求め方

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*