【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.14 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次のa〜eの文は、公共測量における地形測量のうち、現地測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。

a.現地測量により作成する数値地形図データの地図情報レベルは、原則として 1000 以下(〇:250、500および1000を標準とする)である。

b.現地測量は、4級基準点、簡易水準点又はこれと同等以上の精度を有する基準点(〇)に基づいて実施する。

c.細部測量とは、トータルステーション又は GNSS 測量機を用いて地形を測定し、数値標高モデル(×⇒数値地形図データ)を作成する作業をいう。

d.トータルステーションを用いた地形、地物などの測定は、主にスタティック法(×⇒放射法)により行われる。

e.地形、地物などの状況により、基準点にトータルステーションを整置して細部測量を行うことが困難な場合、TS 点を設置することができる(〇:補助基準点とか実務では呼んでいたりする。逆にTS点とはあまり聞いたことがない)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*