【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.23 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次のa〜eの文は、一般的な地図編集における転位の原則について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a.道路と三角点が近接し、どちらかを転位する必要がある場合、三角点の方を転位する(×:三角点は転位できない)

b.河川と等高線が近接し、どちらかを転位する必要がある場合、等高線の方を転位する(〇:河川は転位できない。)

c.海岸線と鉄道が近接し、どちらかを転位する必要がある場合、鉄道の方を転位する(〇:海岸線は転位できない)

d.鉄道と河川と道路がこの順に近接し、道路を転位する際にそのスペースがない場合においては、鉄道と河川との間に道路を転位してもよい(×:地物の相対関係は乱せない)。

e.一般に小縮尺地図(例:50万分の1など)ほど転位による地物の位置精度への影響は大きい(〇:図面上のわずかな転位で大きく影響する)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

解説

 転位の優先順位は、以下の通り。

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*