【測量士 過去問解答】令和3年(2021)No.24 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次のa〜eの文は、地理空間情報活用推進基本法(平成 19 年法律第 63 号)における基盤地図情報について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a.基盤地図情報に係る項目は、①測量の基準点、②海岸線、③公共施設の境界線、④行政区画の境界線及び代表点、⑤道路縁及び⑥標高点の6項目(×⇒下記13項目)である。

  1. 測量の基準点
  2. 海岸線
  3. 公共施設の境界線(道路区域界)
  4. 公共施設の境界線(河川区域界)
  5. 行政区画の境界線及び代表点
  6. 道路縁
  7. 河川堤防の表法肩の法線
  8. 軌道の中心線
  9. 標高点
  10. 水涯線
  11. 建築物の外周線
  12. 市町村の町若しくは字の境界線及び代表点
  13. 街区の境界線及び代表点

b.国が保有する基盤地図情報は、原則としてインターネットを利用して無償で提供される(〇:地理空間情報活用推進基本法 第18条)

c.基盤地図情報として、国土地理院から 5mメッシュ及び 10 m メッシュの数値標高モデルが提供されている(〇:1/2500基盤地図情報、ならびに1/25000の基盤地図情報)

d.都市計画区域外の基盤地図情報の平面位置の誤差は 25 m 以内、高さの誤差は 5.0 m 以内(〇:なお、都市計画区域内では、平面位置の誤差2.5m以内、高さの誤差1.0m以内である)である。

e.基盤地図情報を整備、更新する場合は、既存の成果がある場合でも、新規で作成することが推奨されている(×⇒基本的には、すでに整備されている基盤地図情報の位置を基準とする。)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

国土地理院HP-基盤地図情報とは

R3年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-C-12-C-42-D-2,35-A-35-B5-C-15-D-3,4

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*