【測量士 記述式解答】令和2年(2020)2-B-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公共測量における基準点測量により、電子基準点のみを既知点として2級基準点A~Dの4点を設置し、さらにそれらを既知点としてトータルステーション(以下「TS」という)を用いて3級基準点(1)~(3)の3点設置したい。図は、2級基準点測量の平均図に3級基準点と樹木の位置を模式的に示したものである。

 TSを用いた3級基準点測量において、以下の条件を満たし、作業を効率的に行うことができる観測図を作図せよ。

(条件)

  • 基準点測量の方式は結合多角方式とする。
  • 測量に用いるTSの台数は、1台とする。
  • A~(2)、B~(1)及び(2)~(3)の測点の間には樹木があるため、視通が確保できない。そのほかの測点間の視通は良好とする。
  • 偏心点および節点は設置しない
  • 厳密水平網平均計算を行う。

解答・解説

(1)多角路線網の条件

 条件より、結合多角路線による3級基準点測量を計画する。多角路線網の条件は以下の通り。

NO. 項目 基準
1 既知点数 3点以上
2 既知点間距離 1500m
3 新点間距離 200m
4 1路線の辺数 7辺以下
5 路線長 1000m以下
6 路線図形-1 外周路線の新点は、外周路線に属する隣接既知点を結ぶ直線から外側50°以下
7 路線図形-2 路線の中の夾角は、60°以上
※6,7路線図形

(2)多角路線網を作成する

 (1)の条件を満たすよう多角路線網を作成する。問題文に条件が記されているため、これらにも留意する。

① 既知点を設定する

 まず、既知点として利用する2級基準点を選点する。A~(2)、B~(1)で視通が効かない、節点、偏心点を設けないこと、そして新点間距離に注意すると、下記のように既知点を設定することとなる。

赤は採用した既知点、新点路線青は視通不能な箇所。

② 新点間を結び路線を完成させる

 次に、新点間を結び路線を完成させる。(2)~(3)の視通が効かないこと、路線図形の条件(できる限り外周路線を直線状にする)を考慮すると、以下のように路線を結ぶことができる。

赤は採用した既知点、新点路線青は視通不能な箇所。

③ 水平角、距離測定を記入する。

 作成した路線図に、水平角、距離測定を記入し、観測図を完成させる。TS1台使用であり、新点3点より水平角、距離を測定する。水平角は必ず、時計回り(R)の観測を記入する。距離については、角観測と同時に測定することを考え、方向を記入していく。

 ここでは、国土地理院で公開している正解例を以下に示す。(距離観測、水平観測については別解がある可能性がある。要検討が必要)

参考ページ

【測量士・測量士補】多角測量の原理①:新点を定める要素
【測量士・測量士補】多角測量の原理②:新点座標の計算

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*